糖尿病を早く治すには?血糖値を下げる効果的な方法

糖尿病を発症する方が近年どんどん増えているのを知っていますか?
糖尿病には1型と2型がありますが、日本人の糖尿病患者の9割以上は2型の糖尿病です。
この2型糖尿病の原因は主に食生活や運動不足などの生活習慣から引き起こる病気です。

この記事では、この2型糖尿病が起こるメカニズムから早期発見の為の注意すべきポイント、血糖値を下げて糖尿病を悪化させない為の治療方法などを説明していきます。

糖尿病のメカニズム

糖尿病のメカニズム
食べ物や飲み物は体の中で消化分解されてブドウ糖に変わります。
そしてこのブドウ糖は血液と一緒に体を流れて筋肉や臓器のエネルギーとなります。
ですので、正常な方でも食事をすれば血糖値は上昇しますが、膵臓からインスリンが分泌されて血糖値を正常な状態に戻してくれています。
ところが、食べ過ぎを続けたり、毎日お酒を多量に飲んだり悪い生活習慣を続けていると、インスリンの分泌が遅れたり、作用が低下したりしてしまいます。
そうなると、血液中のブドウ糖が消費されにくくなり、常に血糖値の高い状態が続き、2型糖尿病になってしまうのです。

糖尿病のステージについて

糖尿病のステージ
ガンに進行具合を表す「ステージ」と言うものがある事はテレビドラマなどの影響もあり広く知られています。
ですが、糖尿病にもこのステージがある事はあまり知られていません。
ここで1度糖尿病のステージを見ていきましょう。

ステージ1:前糖尿病段階(境界型)

糖尿病かどうかは空腹時の血糖値が125mg/dlを超えていれば判断されます。
すなわちその前、110~125mg/dlであれば境界糖尿病となります。
また、ブドウ糖負荷試験と言う、ブドウ糖75gを摂取して2時間後の血糖値が200mg/dlを超えると糖尿病と判断されますので、この数値も200mg/dl未満の状態が境界型糖尿病です。

  • 空腹時血糖値110~125mg/dl
  • 且つブドウ糖負荷試験2時間後血糖値140~200mg/dl

この段階はまだ糖尿病ではないので正常な状態に戻る事が可能な段階ですが、少しの油断で糖尿病に移行してしまいます。

ステージ2:糖尿病

この段階で糖尿病となりますが、まだ自覚症状はほとんど感じられない段階です。

  • 空腹時血糖値125mg/dlを超えている
  • 且つブドウ糖負荷試験2時間後血糖値200mg/dlを超えている
  • 尿アルブミン検査値18以下

この段階ならほとんど通常の生活をする事が可能ですが、気づく事なくステージ3へ行く事がほとんどです。

ステージ3:糖尿病と軽度糖尿病合併症

この段階になると合併症を発症しているも、早期に治療を行えば合併症を完治させられます。
ただし、糖尿病は完治しませんので、注意してください。また、ステージ3くらいから体にだるさや食後に眠気を覚えるなどの自覚症状に気づいたりもしますが、まだまだ自覚症状はほとんどなく放置される事もしばしばあります。

  • 空腹時血糖値125mg/dlを超えている
  • 且つブドウ糖負荷試験2時間後血糖値200mg/dlを超えている
  • 尿アルブミン検査値19以下300以下

気づいた時はすぐに治療を開始してください。

ステージ4:糖尿病と中度糖尿病合併症

クレアチニンとは腎臓障害を起こしていると尿に混じります。この段階では合併症の糖尿病性腎症を発症していて、進行もかなり進んでいる事が予想されます。完治させるのも難しくなってきます。
完治の確率は50%くらいです。

  • 空腹時血糖値125mg/dlを超えている
  • 且つブドウ糖負荷試験2時間後血糖値200mg/dlを超えている
  • 尿アルブミン検査値301以上
  • 血清クレアチニン検査値1.09以下

また、食事制限等も厳しさを増してきて、合併症の治療も合わせて行う必要が出てきます。

ステージ5:糖尿病と重度糖尿病合併症

ステージ5まで来ると腎臓の機能が著しく低下していて、合併症自体の完治も望めなくなります。

糖尿病性腎症以外にも、神経障害や網膜症など様々な合併症が発症して、手足も感覚がなくなってくる状態になります。

  • 空腹時血糖値125mg/dlを超えている
  • 且つブドウ糖負荷試験2時間後血糖値200mg/dlを超えている
  • 尿アルブミン検査値301以上
  • 血清クレアチニン検査値1.10~8.00未満

合併症の進行を遅らせるのが目標、と言うレベルです。

ステージ6:糖尿病と血液透析

この段階ですと腎臓が機能しない為、治療方法は透析か腎移植のみになります。

  • 空腹時血糖値125mg/dlを超えている
  • 且つブドウ糖負荷試験2時間後血糖値200mg/dlを超えている
  • 尿アルブミン検査値301以上
  • 血清クレアチニン検査値8.00以上

さらに、治療自体も限定されるレベルです。

早期発見の為に健康診断を

健康診断で糖尿病を発見する
糖尿病のステージを紹介しましたが、ステージ1であれば糖尿病になる事を防げますし、ステージ2でもわずかな食事制限さえすれば普通の生活を送れます。
ただ、自覚症状がないので、進行させてしまいがちです。
ですので、毎年健康診断や人間ドックを受ける事が重要なのです。
ですが、早期発見でも糖尿病と診断されれば食事療法と運動療法による治療が必要になります。
そして、糖尿病を早く治すにはこの2つの治療が大切になってきます。

食事療法

糖尿病の食事療法
食事療法ではまず、自分の標準体重を把握します。

この数値は「身長(m)×身長(m)×22」で出します。

また、自分の1日の摂取カロリーを知り、この摂取カロリーを抑える事を目標に食事をする事になります。

食事もカロリーを抑えるだけではなく、食品交換表と言うものを使って食材の種類を把握しながら食事をする必要があります。

もちろん食事をする際にはゆっくりと食事をし、食べ過ぎは控えなければなりません。

また、血糖値を下げる為に炭水化物を控えたり、食べる順番をサラダからにしたり、工夫をしていく事も大切です。

運動療法

糖尿病の運動療法
食事療法と並行して進めるのが運動療法で、血糖値を下げたり体重を減らしたり、代謝をよくします。

運動も有酸素運動が糖尿病には有効で、酸素を取り入れながら血糖や脂肪を燃焼させる事ができます。その為、運動後は血糖値を下げる事ができます。

ですので、ウォーキングや水泳などが適した運動と言えます。

なお、運動療法は誰でもしてよいわけではありません。

控えた方がよい方もいますので、しっかりと主治医と相談をして行うようにします。

薬物療法

糖尿病の薬事療法
薬物療養は食事療法と運動療法だけでは改善できない時に行う治療です。

よく知られたものにインスリン注射がありますが、まずは飲み薬から治療を行います。

糖尿病と言っても症状はいくつもあります。

インスリンの分泌が悪いのか、効果が少ないのかなどありますので、その症状にあった薬が処方されます。

また、治療が必要な臓器も人によって違いますので、いくつかの薬を同時に飲む事が多くなります。

糖尿病の数値が480から85になった方法

糖尿病の原因は生活習慣の乱れによるものが大半ですので、生活習慣を改善する事が糖尿病治療には大切です。

糖尿病のメカニズムからステージ、治療の種類などを紹介しましたが、もっと詳しく『実際に血糖値を下げた人の治療法』などを知りたい方はオススメのサイトがありますので、こちら(http://tou10.com/)を参考にしてみるのもいいでしょう。

糖尿病の予防方法や食事・運動のやり方や注意点がかなり詳細に書かれています。