糖尿病で入院が必要なケース

糖尿病患者の生活

糖尿病で入院する。
これを聞いてみなさんはどんな印象をお持ちになりますか?
検査かすごい深刻な症状にまで悪化している、そんな印象を持ってしまう方も多いと思います。

実際、通常入院の目的と言えば、検査を集中的に行うか、自宅療養ができない状態に行われます。

ですが、糖尿病に限っては、目的が1つ加わります。

それは教育入院。

これは糖尿病が生活習慣病である為に、生活習慣の改善を目的に入院します。

この記事ではそんな糖尿病の入院について説明していきます。

 

通常の入院治療

 

入院治療は他の病気と同じく、症状が重く重症の合併症を発症している場合に行われます。
また、日ごろから外来で食事療法や運動療法、投薬療法などの指導を行っているものの効果が見られず血糖値が下がらない場合にも行われます。

症状や医療機関にもよりますが、入院期間は一般的に2週間から1か月程度になります。
この間に食事療法、運動療法、投薬療法を組み合わせて、自分で血糖値を管理できるようにしていきます。
この治療は難しく、1か月以上の入院になるケースもあります。

 

糖尿病の検査入院

 

糖尿病の検査入院は1日と言うものもなくはないですが、通常は3~4日かかります。
これは糖尿病に関する検査や合併症の検査などいくつも検査がある為です。
例えば、血液検査、尿検査、眼底検査、腹部エコー、足の検査など行います。
これらを集中的に検査するので時間がかかってしまいます。
また、血糖値に関しても、24時間チェックし変化がないかを確認もします。

それらの結果によっては、以下で説明する教育入院になります。
検査入院と教育入院がセットになってしまう場合は、当然入院期間が長くなってしまいます。

 

教育入院は糖尿病に有効!

 

糖尿病は薬を飲んでいれば自然と治るような病気ではありません。
食事などの生活習慣が悪かった為に起こってしまう病気なので、食事療法と運動療法で生活習慣を改めて血糖値をコントロールしなければなりません。
ですが、長い習慣を自分1人で変えるのはどうしても難しい場合もあります。
そこで、生活を自分で管理するのが難しいと判断された場合は教育入院となります。
糖尿病の理解を深める為に自発的に入院する方もいます。

教育入院とは具体的に何をするのかと言いますと、食事療法や運動療法の必要性ややり方、また治療をしなかった場合に引き起こる合併症について詳しく学んでいきます。
専門家の指導によって生活習慣を改善、実践することを目的にとするので、1人でするよりもはるかに効果があります。

糖尿病の基礎的な知識を学びながら日常生活を改善できるので、自分で生活を管理する練習に良いのではないでしょうか。
また糖尿病に対する理解が乏しいと治療効果が薄い場合もあると思いますので、糖尿病の診断を受けた方にはおすすめの入院と言えます。

関連する記事