投薬による糖尿病治療

糖尿病の投薬

糖尿病の治療では主に食事療法と運動療法の2つで始めるのが一般的です。
ですが、この2つの治療では改善がされない場合、特にヘモグロビンA1cの値が7%以上や糖尿病が進行している場合には投薬の治療も行われます。
一般的に糖尿病の投薬治療と言えば、インスリン注射と思われている方も多いと思いますが、膵臓からのインスリン分泌が保たれている場合は飲み薬による薬物療法がなされます。
今回はそんな投薬による糖尿病治療を詳しく説明していきたいと思います。

 

様々な症状に対応!いろいろある糖尿病の薬

 

糖尿病と一口に言っても症状は人それぞれ違います。
糖尿病の飲み薬は一般的に「経口血糖降下薬」と言い、症状の状態や原因の違いに応じていくつも薬があります。
例えば、インスリンの分泌が悪い方には分泌を促す薬、食後の血糖値の上昇を抑える薬、インスリンの効きを良くする薬があります。
さらに、小腸や膵臓、肝臓など効かせる内臓の部位によっても薬が違います。

実際の糖尿病の治療では、それら違う薬をいくつか組み合わせて飲んで行う場合もあります。
また、糖尿病治療ですぐに思い浮かべるインスリンの注射ですが、適切な治療によっては注射をせずにこの経口血糖降下薬だけで済む方もいます。

 

いつどんな薬を飲むの?

 

薬には様々な症状に合わせて服用すると説明しましたが、ここでは薬の特徴を説明していきます。

・インスリンの働きが悪い方に処方される薬には「ビグアナイド薬(BG薬)」と「チアゾリジン薬」があります。

ビグアナイド薬(BG薬)・・・食後に飲む薬で、肝臓で糖を新しく作る働きを抑え、インスリンの働きを良くします。
また、腸からブドウ糖を吸収されるのを抑えます。

副作用としては、低血糖や乳酸アシドーシスを起こすリスクがあります。

チアゾリジン薬・・・食後に飲む薬で、インスリンの効きを良くして、血液中のブドウ糖がエネルギーとして利用されるのを促進して血糖値を下げます。

副作用としては、むくみや体重増加があります。

・インスリンの分泌量が少ない方に処方される薬には「DPP-4阻害薬」「スルホニル尿素薬(SU薬)」「速効型インスリン分泌促進薬」があります。
なお、速効型インスリン分泌促進薬は食後や空腹時に高血糖を起こす方にも使われます。

DPP-4阻害薬・・・1日1回飲む薬で、インスリンの分泌を促すホルモン、GLP-1を分解するDPP-4と言う酵素を阻害する薬で、インスリンの分泌を助けます。

副作用としては、低血糖があります。

スルホニル尿素薬(SU薬)・・・食前30分前または食後に飲む薬で、膵臓のβ細胞に働きかけてインスリンの分泌を促します。

副作用としては、低血糖や体重増加があります。

速効型インスリン分泌促進薬・・・食前10分以内に飲む薬で、膵臓のインスリン分泌を促します。
効果は飲んでから30分程度で現れ、2~3時間でなくなります。
比較的初期の糖尿病患者に処方されます。

副作用としては、低血糖があります。

・食後に高血糖となる方に処方される薬には「α-グルコシダーゼ阻害薬」があります。

α-グルコシダーゼ阻害薬・・・食事の直前に飲む薬で、糖の消化や吸収を助けるα-グルコシダーゼと言う酵素を阻害する薬です。
それにより、小腸でのブドウ糖の吸収を遅らせ食後の血糖値の上昇を抑えます。

副作用としては、お腹の張りや低血糖があります。

糖尿病は悪化すると様々な合併症を引き起こす病気です。
合併症を引き起こさないためにも、どの薬もしっかりと主治医の指示に従い適切に飲むようにしてください。

関連する記事