糖尿病治療の費用と目安

糖尿病の治療にかかるお金
糖尿病と診断されたら、治療費っていくらかかるの?こんな疑問を持つ方は、糖尿病になる方が増えるのと同じ様に、近年どんどん増えています。
ですが、一言に糖尿病と言っても、合併症の有無、血糖値の管理状況、薬の種類や数によってもさまざまです。
この記事では、治療費を抑えるポイントや治療の段階によってかかる一般的な費用の目安を説明していきたいと思います。

 

段階別医療費負担の目安

 

糖尿病の医療費は食事療法と運動療法の2つで済んでいる方なら、投薬の必要はないので通院にかかる数千円程度です。
ですが、定期的に病院へ通うのは面倒なものです。
特に糖尿病の症状が軽い方は、少し先に延ばして医療費を抑えようなどと考える方もいます。
しかし、糖尿病は進行するととんでもない費用がかかる病気ですので、そうならない為にも定期的な通院をオススメします。
軽度の場合は基本的に通院費だけで、特別な費用はかかりません。
合併症を進行させないように医師の指示に従って、生活習慣を改善するだけで済みます。

食事療法や運動療法に加えて、投薬療法が必要になると当然負担費用は増えますが、ジェネリック薬(後発医薬品)に切り替える事でその費用を最小限に抑える事ができます。
ジェネリック薬とは、特許の期間が切れた後に、他のメーカーによって作られた同じ成分と効果の薬です。
こちらは安価で購入できますので、発売されている場合は医師と相談の上切り替えてみてはどうでしょうか?

糖尿病の治療でインスリン注射をよく聞いた事があると思います。
インスリンの治療を受ける場合は、自宅で注射を打つ為に「自己注射指導管理料」を支払う事が必要で、それに加えて、薬代や注射器具代検査費用もかかってきます。
費用は注射を打つ回数などによって違いはありますが、3割負担でも月に1万円から3万円かかるのが一般的です。
食事療法や運動療法だけで済んでいた時と比べると高額になっている事がわかると思います。

さらに、糖尿病が進行してきて人工透析が必要となってくると治療費の負担が増える上に、精神的な負担も飲み薬やインスリン注射だけの時以上にかかってきます。
治療費だけで言うと月数十万円になります。
ただし、さまざまな制度を利用すれば自己負担は1万円から2万円程度になる事もあります。

自宅で治療できない場合には入院する事になります。
その場合は多くて1度に何十万円と言う費用がかかります。
もちろん治療内容や入院の形態によって費用は違ってきますが、治療の種類が増えるとどんどん治療の費用も高くつくのが糖尿病ですので、初期の段階でしっかりと医師の指示に従って治療するようにしましょう。

関連する記事