運動による糖尿病治療

運動による治療

糖尿病になると、糖尿病の悪化による合併症の発症を予防する為に、食事療法と運動療法、投薬療法が行われます。
その中でも食事療法と運動療法はしっかり行うことで大きな改善になります。
基本ですが、一番肝心な治療でもあります。
ただし、運動療法はできる方とできない方、また運動ならどんなものでもよいわけでもありません。
今回はそんな運動療法について紹介していきたいと思います。

 

運動療法をすればどんな効果があるの?

 

運動療法は糖尿病の治療の一環ではありますが、見方を変えれば、しゃべりながら楽しくすることもできます。
食事療法のように制限が厳しくあるわけではありません。
そういう意味では比較的続けやすいものですので、楽しいと思える運動をしていきましょう。

運動療法の効果ですが、下記のような効果が見込まれます。

  • 血糖値を下げる
  • 体重を減らす、維持する
  •  

  • 代謝をよくする
  • 体力が向上し、生活が楽になる

この効果も食事療法を同じく続けることに意味がありますので、効果が実感できなくても継続するようにしてください。

糖尿病はそもそも血糖値が高すぎる状態ですので、糖が体の中に余ってしまっています。
運動することで糖をエネルギーとして消費し、インスリンの分泌量を促進されるので膵臓の負担を軽減できます。
また、体重の減少は血液中の中性脂肪や動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らし、逆に善玉コレステロールを増やす効果もあります。

運動をしていくと脂肪が燃焼するのと同時に、筋肉もついてきます。
この筋肉をつることによって代謝能力がアップします。
すると1日の消費カロリーも増えることになります。
そうなると糖尿病の改善に近づいていきます。
また、今まで動くのがつらかったとしても力がつくことによって、体を動かしやすくなり、生活も楽になってくると思います。
生活そのものが快適になるのは嬉しいことですよね。

 

危険な時もある運動療法

 

効果について説明してきましたが、逆効果になるケースもあります。
例えば、血糖値が高く尿にケトン体が出た時、血圧がいつもよりも高いと自覚症状がある時、高熱などで体調が悪い時、こういった症状の時は運動療法がかえって症状を悪化させてしまいますので運動を控えるようにしてください。
また、増殖網膜症や進行性の網膜症などの合併症がある方も、病状が安定するまでは控えた方がよいでしょう。

運動療法には内容に制限がある場合があり注意が必要ですので、主治医と相談の上指示に従って行うようにしてください。

 

自分にあった運動をする

 

糖尿病の方の運動としてはエアロビクスや水泳などの有酸素運動が適しています。
酸素を十分に取り入れて、血糖や脂肪を効率よく燃焼させることが重要です。
特に食後に行うと血糖値の上昇を抑えられるので効果があります。
また、1日1万歩を目標にウォーキングをするのもおススメです。
初めは無理な計画を立てずに、少しずつ歩数を増やすなどすると続けやすいですね。

運動療法は糖尿病の治療です。
ですが、生活の中に少し体を動かす工夫をしてみたり家族などと一緒にしてみたり、楽しめる要素はいくつもあります。
何か1つでも自分に合った楽しめる運動を探してみてください。

関連する記事